異物とトイレの仕組み

下水の臭いが上がってこない様に封水が必要なので、トイレ内部は複雑な構造をしています。トイレの仕組みを理解することで、水に溶けるトイレットペーパーも大量に流すとつまる理由や、適切な水の量で利用することの大切さが分かります。

トイレトイレ内部の排水管は湾曲してS字状になっています。湾曲部分は水や汚物が流れにくくなっているので、大量にトイレットペーパーを流すと水に溶けずに湾曲部分につまります。固形物を流した場合も湾曲部分に引っ掛かりやすく、水や汚物の流れを妨げてつまりの原因になります。

使用する水の量も大切です。適切な水量や水流で水が流れないと、流しきれなかったトイレットペーパーや汚物が湾曲部分に溶け残ってしまいます。そこに新たに流れてきた物が更に蓄積されていき、つまりの原因になります。本来、使用する水量と水流は、汚物などがトイレ内部に残らずに流れる様に設定されています。大の時に小で流したり、ペットボトルをタンク内にいれたりといった水の使用量を制限すると、本来設定されている適切な水量や水流が使用できないので注意しましょう。

この様に、トイレのつまりは異物や水の量、トイレの構造も関係しています。本来水に溶けて流れるはずのトイレットペーパーも大量に流したり、使用する水量や水流が正しくなかったりするとつまりの原因になります。

つまりの原因の異物

水に溶けない物を落としたなど、トイレに流してはいけない異物が原因でつまることがあります。しかし、水に溶けるトイレットペーパーなどもつまりの原因になります。トイレのつまりの原因には具体的にどの様な異物があるのでしょう。

トイレに流していい物はトイレットペーパーと汚物です。水に溶けるトイレットペーパーは密度が高まると水に溶けにくくなります。そのため、丸めて流したり、一度に大量のトイレットペーパーを流したりするとつまりの原因になります。紙類でもティッシュペーパーや雑誌などは水に溶けません。

携帯電話洗剤のキャップや携帯電話など、固形物もつまりの原因になります。キャップが排水管にピタリとはまるなど固形物自体が原因となる以外に、固形物にトイレットペーパーが引っ掛かって溜まった結果つまる事もあります。

ペット用トイレシートやおむつは水を吸い、膨張する、固まるなどの特徴があるので、トイレに流すとより一層膨張してつまります。猫砂は水に流せる物もありますが、大量に流すと水を吸いつまりの原因になるので小分けに流しましょう。

水に流せる掃除用品もトイレットペーパー程は溶けやすくありません。つまりの原因になるので大量に流さないようにしましょう。様々な物がつまりの原因になります。溶けない異物を流さない事も大切ですが、水に溶ける性質を持つトイレットペーパーなども大量に流さない様に注意しましょう。

トイレのつまりの原因

つまると不便や不安を感じ、日常生活に支障がでるトイレ。トイレのつまりの原因は水の量やトイレの構造、異物など様々です。異物によるつまりはトイレットペーパーが原因の場合もあります。水に溶けてトイレに流していい物を流しているのに、なぜつまるのでしょう。

トイレットペーパーつまりの原因は様々です。トイレットペーパーは水に溶けるのでトイレに流していい物ですが、丸めたり一度に大量に流したりするとと密度が高まり溶けにくくなって、トイレのつまりの原因になります。水を吸収して膨張や凝固するおむつなどや、固形物も原因になります。固形物にトイレットペーパーが引っ掛かり蓄積してつまる場合もあります。水に流せる掃除用品や流せる猫砂も少しずつ流さないとつまりの原因になります。

水流や水量、トイレの構造もつまりに関係しています。トイレの排水管は湾曲して流れにくい構造なので、大量のトイレットペーパーを流すと溶けずに湾曲部分につまってしまいます。大を小で流すなど、本来設定されている適切な水流や水量を使用していない場合も、湾曲部分にトイレットペーパーや汚物が残って新たに流れてきたトイレットペーパーが蓄積してつまります。湾曲部分には固形物も引っ掛かりやすく、水の流れを滞らせてつまりの原因になります。

溶ける物も油断して大量に流すとつまりの原因になります。つまりの解消や予防には原因を知る事が大切です。原因となる異物やトイレットペーパーの性質、トイレの構造を理解して正しくトイレを利用しましょう。このサイトではトイレのつまりの原因となる異物と、トイレの仕組みについて説明します。