異物とトイレの仕組み

下水の臭いが上がってこない様に封水が必要なので、トイレ内部は複雑な構造をしています。トイレの仕組みを理解することで、水に溶けるトイレットペーパーも大量に流すとつまる理由や、適切な水の量で利用することの大切さが分かります。

トイレトイレ内部の排水管は湾曲してS字状になっています。湾曲部分は水や汚物が流れにくくなっているので、大量にトイレットペーパーを流すと水に溶けずに湾曲部分につまります。固形物を流した場合も湾曲部分に引っ掛かりやすく、水や汚物の流れを妨げてつまりの原因になります。

使用する水の量も大切です。適切な水量や水流で水が流れないと、流しきれなかったトイレットペーパーや汚物が湾曲部分に溶け残ってしまいます。そこに新たに流れてきた物が更に蓄積されていき、つまりの原因になります。本来、使用する水量と水流は、汚物などがトイレ内部に残らずに流れる様に設定されています。大の時に小で流したり、ペットボトルをタンク内にいれたりといった水の使用量を制限すると、本来設定されている適切な水量や水流が使用できないので注意しましょう。

この様に、トイレのつまりは異物や水の量、トイレの構造も関係しています。本来水に溶けて流れるはずのトイレットペーパーも大量に流したり、使用する水量や水流が正しくなかったりするとつまりの原因になります。