トイレのつまりの原因

つまると不便や不安を感じ、日常生活に支障がでるトイレ。トイレのつまりの原因は水の量やトイレの構造、異物など様々です。異物によるつまりはトイレットペーパーが原因の場合もあります。水に溶けてトイレに流していい物を流しているのに、なぜつまるのでしょう。

トイレットペーパーつまりの原因は様々です。トイレットペーパーは水に溶けるのでトイレに流していい物ですが、丸めたり一度に大量に流したりするとと密度が高まり溶けにくくなって、トイレのつまりの原因になります。水を吸収して膨張や凝固するおむつなどや、固形物も原因になります。固形物にトイレットペーパーが引っ掛かり蓄積してつまる場合もあります。水に流せる掃除用品や流せる猫砂も少しずつ流さないとつまりの原因になります。

水流や水量、トイレの構造もつまりに関係しています。トイレの排水管は湾曲して流れにくい構造なので、大量のトイレットペーパーを流すと溶けずに湾曲部分につまってしまいます。大を小で流すなど、本来設定されている適切な水流や水量を使用していない場合も、湾曲部分にトイレットペーパーや汚物が残って新たに流れてきたトイレットペーパーが蓄積してつまります。湾曲部分には固形物も引っ掛かりやすく、水の流れを滞らせてつまりの原因になります。

溶ける物も油断して大量に流すとつまりの原因になります。つまりの解消や予防には原因を知る事が大切です。原因となる異物やトイレットペーパーの性質、トイレの構造を理解して正しくトイレを利用しましょう。このサイトではトイレのつまりの原因となる異物と、トイレの仕組みについて説明します。